2007年12月04日

たまにはダイエットの記事も・・・

ダイエットに関心のない女性っているでしょうか。きっと誰もが、一度は考えたことがあるテーマだと思います。

これまでにも、ひとつの食材を摂り続ける単品ダイエット、炭水化物や油分を摂らないようにする除去ダイエット、寒天やこんにゃくを主食代わりにする置き換えダイエット、それにカロリーをコントロールするサプリメントも多種多様です。

でも、そのどれもが長続きしないという声をよく聞きます。 それはなぜかというと、結局は体や食生活に無理があり、精神的にも身体的にも維持することが、不可能だったからではないでしょうか?

栄養が偏ったり極端に量が少なかったりして、集中力や活力がなくなったり貧血をおこしたり、と健康に影響が出ますのでおすすめではありません。

食事を美味しく食べられる、それこそが健康の基本です。

この基本に戻って、ダイエットを考えることが大切ですね。

バランスの良い食事を美味しく食べて、そして自然に痩せられる、それが理想的なダイエットと言えます。ただ痩せることだけにとらわれるから、健康を害するような間違った方法をとってしまうのではないでしょうか。


きちんと食べると言っても、それには注意が必要です。まず、必ず1日3食は摂って下さい。よく朝食を抜く人がいますが、これは感心しません。朝や昼に摂ったカロリーは日中の生活で消費されるので、多少沢山食べても心配いりません。

その分、カロリー消費されにくい夕食を控え目にした方がいいのです。 夕食で気をつけることは、主食を控えめにということです。ついついご飯が進んでしまうという人は、おかずを薄味にしてみましょう。

だしをしっかりとって旨みを強調し、塩分を控えめにすることで薄味になります。また、満足感のない食事では、すぐに挫折してしまうので、低カロリー食材を使って全体量を増やすなど、満腹感を得る工夫も大事です。そのためにも、食事はできるだけ手作りにしましょう。

肉や魚もきちんと取りましょう。お肉は大切なタンパク源です。どうしてもカロリーの気になる場合は、脂肪が少ない赤身を選ぶか、一旦ゆでこぼして使いましょう。魚は、低カロリーで栄養豊富。

白身の魚の方がカロリーが低いですが、青背の魚にはなかなか摂取しにくいDHAやEPAが豊富に含まれています。乳製品や卵も毎日摂りましょう。骨を作るカルシウムは非常に大切な栄養素です。

誰でも、急に食事量は減らせないものです。低カロリー食品(野菜やきのこ類など)をたっぷり加えてカサを増やしたり、スープなどにして品数を増やすなど工夫すれば、きっと満足のいく食事になります。

この満足感こそ、ダイエットを続けられるためのポイントなのです。そして、飲み会などがあった場合は、翌日の食事で調整したり、ちょっと余分に運動するなどする癖をつけましょう。

毎日体重計に乗り体重を記録してみましょう。すると食べ過ぎた時に自然と気をつけて調整するようになります。また、友達や家族に「ダイエット中だぞ!」と宣言すると張り合いが出て、ダイエットに成功しやすいでしょう。

忙しくてなかなかスポーツをできない人でも、通勤・通学の電車で立っている、エスカレーターを使わず階段を使うなど、日々の生活で気をつけて歩いたり動いたりしましょう。

急激なダイエットにリバウンドはつきものです。リバウンドを繰り返すことで、益々痩せにくくなり、ストレスは満載、お肌も荒れ、しまいには生理も止まりかねません。

そんなダイエットでは全く意味がありませんね。

きちんとした食事で、必要な栄養素をとりながら、筋肉も骨も減らさずに脂肪だけを落とす、それこそが理想のダイエットではないでしょうか。
ラベル:ダイエット
posted by IQサプリ at 22:37| サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。